結婚式の形式大百科トップメイン画像

結婚式にも様々なスタイルがあります。結婚式を挙げる側も参加する側も、いろんな結婚式の形式を理解しましょう。


日本は結婚式の形式がたくさん揃っている国

一般的に結婚式となりますと、教会で式をあげて、ホールを貸し切って披露宴をするものですね。
確かによく見られる光景ではありますが、これだけが日本の結婚式ではないのです。
日本は宗教的な概念が薄く、キリスト教徒じゃなくても教会で挙式を挙げるし、日本人だからという理由で信者じゃなくても神社で結婚式をあげます。
もちろんこれらは何一ついけないことではありません。
むしろ宗教的な概念にとらわれないので、自由に結婚式を挙げることが出来るのが特徴です。

では、どれくらいの結婚式の形式があるのかご存じですか?
教会、神社以外にも色んな形式の結婚式があるのです。


神様に誓わない結婚式もあり

最近では神に夫婦の誓いを交わすのではなく、参加しているゲストの前で結婚式を宣言する、いわゆる人前式スタイルも流行っています。
宗教の形式にとらわれない、オリジナルの結婚式です。
若い人の間ではこういったオリジナル結婚式が流行っています。
宗教的なルールに縛られなくていいので、気軽に挙げられるのも人気の一つです。


参加するゲストはどうすればいい?

さて、ここで気になるのが結婚式に参加するゲスト側です。教会、神社、人前式…いろんな形式がありますが、ゲストも気をつけておくべきことはあるでしょうか。
答えは、ほぼないといったところです。
神社にドレスで参加しても問題はありませんし、ご祝儀を持ってお祝いする点では全く同じです。
ゲストのドレスも結婚式のマナーに則っていれば何を着ても問題はないでしょう。
以下のサイトを参考にしてみれば、ゲストのドレスも簡単に見つかるかもしれません。
レンタルドレス・パーティードレス利用ガイド
結婚式のマナーと常識